不動産を売却する際のリフォームは必要?不要?必要なケースやリフォーム以外の方法を解説

2022-08-23


この記事のハイライト

●不動産売却のためのリフォームは、一般的には不要なことが多い
●生活に欠かせない重要な設備が壊れている場合などは、リフォームをしたほうが良いこともある
●リフォーム以外にも、インスペクションを受けるなどで不動産の価値を高める方法がある

「良い条件で不動産を売却するために、リフォームは必要だろうか」と、お悩みの方は少なくありません。
一般的に不動産売却前のリフォームは不要と言われることが多いですが、状況に合わせた判断が大切です。
この記事では不動産売却前にリフォームが不要なケースと必要なケース、リフォーム以外で不動産の価値を高める方法をご説明します。
高松市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリフォームは不要?

不動産売却前のリフォームは不要?

不動産を売却するためにリフォームをすれば、より高く売却できるのではないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうとは限りません。
むしろ、売却前にリフォームをしたことにより、売主が損をすることも珍しくありません。
ここでは、売却前のリフォームが不要と言われる理由をご説明します。

リフォーム費用を回収しにくい

リフォームをすると、家がきれいになり、内覧に来た方からの印象が良くなるというメリットがあります。
また、リフォームをせずに売却したときに比べると、リフォームをすれば付加価値がつき、高く売れることが期待できます。
しかし、かけたリフォーム費用を回収できるほど、売却価格は上がらないことがほとんどです。
中古物件を探している方は、安さを重視する傾向にあります。
そのため、いくらリフォーム済みでも、相場よりも高い物件は売れにくいのが実情です。
リフォームで損をしないためには、施工箇所を絞って、費用をかけすぎずに実施する必要があります。

売却までに時間がかかる

リフォームをすることで、売却までに余分な時間がかかるのもデメリットのひとつです。
部分的なリフォームであれば、数日で工事は完了しますが、その前にリフォーム業者を選んで相談をする期間が必要です。
マンションの場合は、管理組合に届け出をし、事前に承認をもらわなければいけません。
このような手間と時間をかけている間にも、固定資産税や住宅ローンの負担は続くため、リフォーム後は売却を焦ることになるかもしれません。
売却を急いでいると、無理な値下げ要求に応じることになりかねないため、なるべく時間に余裕を持って売却するのが理想的です。

リフォーム前の物件が好まれることがある

「安い中古物件を購入して、自分たち好みにリフォームして暮らしたい」という希望で、不動産を探している方も少なくありません。
売主の判断でリフォームをしてしまうと、買主の好みと合わず、候補から外されてしまう可能性があります。
リフォーム前提で部屋を探している方からは、部屋や設備のきれいさよりも、価格の安さのほうが重要視されるからです。

この記事も読まれています|「負動産」を相続した場合の処分方法とは?相続放棄についても解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリフォームが必要なケース

不動産売却前のリフォームが必要なケース

不動産売却前の大規模なリフォームは不要であることがほとんどですが、ときにはリフォームが効果的なこともあります。
ここでは、売却前のリフォームが必要なケースをご説明します。

水回りの清潔感がない

不動産に興味を持った方が内覧に訪れた際は、水回りの清潔感が重視されます。
トイレ、キッチン、浴室のカビや汚れが目立つなど、水回りの印象が悪ければ物件全体の印象が悪くなることも考えられます。
キッチンや浴室は設備の好みが分かれやすい場所のため、売主の独断でリフォームをするのはおすすめできません。
しかし、トイレはそれほど人によって好みが分かれないため、金銭的な余裕があれば最低限のリフォームを検討すると良いでしょう。
汚れている程度であれば、リフォームでなくてもハウスクリーニングを依頼することで印象を良くできる可能性があります。

重要な設備が壊れている

給湯器など、生活するうえで必ず使用する重要な設備が壊れている場合は、修理してから売却したほうが良いでしょう。
そのままの状態で売却した場合、買主が購入後に自分で修理することになるため、その費用分か、それ以上の値引きを要求されることも珍しくありません。
また、買主が購入後、リフォームせずにそのまま住み始める場合は、最低限の設備が整っていないと、生活できません。
設備を修理することで、「早くその物件に住みたい」と考えている方からも検討してもらえるようになります。

あまりにも見栄えが悪い

ひと目見た瞬間の印象が悪くなってしまうほど、あまりにも見栄えが悪い場合は、部分的なリフォームを検討すると良いでしょう。
壁や障子に穴が開いている場合などは、自分で修繕をすることも可能です。
内覧の際には、第一印象で購入するかどうかが決まる、という方もいるほど、見た目は重要です。
マイナスの印象が残ってしまうと、不動産全体の印象が悪くなり、購入まで至らないかもしれません。
リフォームする際には、個性的なデザインのものは避け、一般的なデザインを採用するようにしましょう。

この記事も読まれています|「負動産」を相続した場合の処分方法とは?相続放棄についても解説

\お気軽にご相談ください!/

売却前に不動産の価値を高めるリフォーム以外の方法

売却前に不動産の価値を高めるリフォーム以外の方法

売却前に不動産の価値を高める方法は、リフォームだけではありません。
不動産の状況に合わせて、売主にとって最適な方法を選んで選択すると良いでしょう。


1.インスペクションを受ける

インスペクションとは、「建物状況調査」などと呼ばれることもあるとおり、建物の状態を専門家が診断して、報告するものです。見ただけではわからない建物の状態を知れるので、インスペクションを受けている建物は信頼性が高まります。
築年数が経っている建物の状況を不安に思う買主でも、インスペクションにより問題ないとされていれば、購入の後押しになるかもしれません。もし問題が発覚した場合、問題個所を修繕してから売却すれば、後からトラブルが起きる恐れが少なくなります。


2.最低限の手入れをする

サンタが売主様に必ずお願いする項目が【お掃除】です。

不動産を売却する際には、自分でできる最低限の手入れをすることが大切です。
忘れがちな庭の手入れをしておくだけでも、不動産を見たときの第一印象が大きくアップするでしょう。
雑草を抜き、落ち葉を掃除しておけば、すっきりした見た目になり、害虫の心配も減らすことができます。庭が荒れていると近隣の方への迷惑にもなりかねないため、売り出し期間中は意識して手入れをすると良いでしょう。

県外にお住まいとか遠方やご自分では難しい場合は専門業者に依頼する方法もアリです。

過度に費用を掛けず、内見者が不快感を持たない【お掃除】をすることで印象が大きく変わってきます。

3.電気・水道を通す
いつまでには売却したいなどの時期などにもよりますが、早期売却の場合には電気水道は開通しておきたいと思っています。理由はすべて購入目線です。室内を照明で明るくして、お水が出ることで家が生きているように感じられると思います。冬場などは夕方暗くなるのが早いので照明がないと案内ができません。経費はかかりますがそれ以上の効果的な方法だと思います。

4.建物を解体する

築年数が古く、そのままでは住めないような建物の場合は、リフォームだけでなく解体も検討すると良いでしょう。建物を解体し、更地にすることで、買主はすぐに新築住宅をイメージできるし購入後に建設に取り掛かれます。
また、住宅だけでなく、駐車場や資材置き場などの用途が広がるため、より多くの方に訴求できるのも解体のメリットです。
ただし、解体には費用がかかるため、本当に解体する価値があるかを相談したうえで、慎重に判断すると良いでしょう。


5.買取を利用する

なるべく早く不動産を現金化したい場合や、手間と費用をかけたくない場合は、買取の利用を検討しましょう。
買取とは、不動産会社が直接不動産を買い取ることです。
一般的な仲介での売却に比べると、価格が安くなるのがデメリットですが、すぐに売却が完了します。
弊社では仲介も買取もおこなっているため、お困りの際はご相談ください。(※買取はエリアや物件の条件によります)




この記事も読まれています|「負動産」を相続した場合の処分方法とは?相続放棄についても解説

まとめ

不動産売却前のリフォームが不要といわれる理由や、リフォームが必要なケース、リフォーム以外の効果的な方法について解説しました。
より有利な条件で売却するには、部分的なリフォームをしたほうが良いこともあります。
わたくしども「株式会社サンタ」は、高松市で不動産売却を多数取り扱っております。
無料査定はホームページから受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

087-866-1224

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ